障害年金受給サポート
お問い合わせ
ホーム 初めての方へ 受給までの流れ 料金表 お客様の声 Q&A 事務所概要 お問合せ
無料カウンセリング
お客様の声
料金表はこちら
ブログ
ママ友でうつ病
パワハラでうつ病
外来のみで1級獲得
公務員で獲得した事例

ご相談から受給までの流れ

001

1.無料受給判定

お電話か受給判定フォームこちらをクリックより、
受給の可能性があるかを無料で判定させていただきます。

arrow

無料判定

2.初回無料相談

受給判定により、障害年金の受給の可能性があるとお伝えした方は、さらに詳しくお手持ちの資料等を拝見しながらより受給の可能性を探り、受給の可能性が高い場合には、申請のご提案をさせていただきます。

arrow

3.ご契約

障害年金の申請代行をお申込みされるお客様は、この時点でお申し込みをいただきます。
料金やサービス内容を詳細にご説明させていただき、契約書を作成し、サインをしていただきます。
着手金をお支払いただいた時点から業務開始となります。

arrow

4.初診日の確定

1)まずは初診日の確定。今通っている病院が初めてかかったところでしたら問題ありませんが、
それ以前に転院などをしている場合には、その一番初めにかかった医療機関を特定することから始めます。

2)初診の病院が確定したら、初診日の証明書を取得します。当方より初診日証明の依頼書を作成するので、それににより病院から書類を取り寄せます。取り寄せたら、それ以前の病院がないかなど内容を詳細にチェックします。

arrow

5.保険料納付要件の確認

1)初診日が確定したら、まずは請求する障害年金制度の種類が確定します。初診日に厚生年金の加入者でしたら厚生年金、国民年金の加入者や主婦など配偶者であれば国民年金になります。

2)初診日の前日の時点で、2か月前から1年間遡って保険料の未納・滞納がないかを確認します。
直近1年間で1か月も未納・滞納がなければ納付要件はクリアになりますが、1か月でも滞納があると、20歳からこれまでの加入記録全てをチェックして、3分の2以上納めていればOKです。

arrow

6.診断書の取得

初診日が確定したら、そこから1年6か月経過後の「障害認定日」が決まります。この時点での病状をその当時の医師に診断書を書いてもらいます。ここが山場です。どれだけ医師から協力を引き出せるかが鍵。
当方もお客様からお聞きしたヒアリングを基に詳細な資料を作成して、お客様と病院に同行して、申請の方針などを主治医にお伝えして現状に即した最適な診断書の取得に注力します。

ここがキモ!!

arrow

7.病歴就労状況等申立書

年金定期便

診断書は医師が内容を記入するのに対して、申立書はご本人が唯一、ご自身の状況を説明して提出できる書類になります。こちらはご本人が請求する際には、細かく困っていることを訴えて書いている人も少なくありませんが、審査する側が端的に分かるようにポイントを押さえて作成していきます。

特に、診断書のご病状がボーダーラインの方などは、病歴をしっかりと作りこみ、いかに日常生活に困っているのかを審査する側に訴えます。

これをきちんと行うかどうかで、結果が変わってきます。

ここもキモ!

arrow

8.各種書類の収集

戸籍や住民票、非課税証明書などの取得をしていきます。

年金定期便

arrow

9.裁定請求書の作成

年金事務所に提出する申請書を作成します。

arrow

10.年金事務所(市区町村役場)へ提出します。

arrow

11.年金証書が届く

国民年金の申請で3~4か月、厚生年金の申請で半年前後で直接お客様のもとへ、
結果の通知書が届きます。

arrow

12.初回の振込

年金証書が届いてからだいたい1~2か月で初回の振込がされます。


pege top