ちづ様(横浜市港北)から喜びの声を頂きました。|障害年金オフィスたくみ

障害年金受給サポート
お問い合わせ
ホーム 初めての方へ 受給までの流れ 料金表 お客様の声 Q&A 事務所概要 お問合せ
無料カウンセリング
お客様の声
料金表はこちら
ブログ
ママ友でうつ病
パワハラでうつ病
外来のみで1級獲得
公務員で獲得した事例

お客様の声一覧

ちづ様 横浜市港北区

疾病名:双極性障害(F-31)
受 給:障害厚生年金3級 事後重症 5年分遡及322万円!
依 頼 日:平成28年12月26日 ⇒ 申 請 日:平成29年 2月27日
支給日決定:平成29年 5月25日 ⇒ 初回振込日:平成29年 7月15日

ちづ様のご依頼から申請までの経過

私は双極性感情障害Ⅱ型と診断され、休職と復職を繰り返すうちに傷病手当金の給付期間は過ぎ、住宅ローンをひとりで抱えたまま、病気のつらさプラス経済的な不安で前が見えなくなりました。それまでうつ病や双極性感情障害も障害年金の対象になることは知りませんでしたので、話を聞くだけでもと重たい体をひきずり地元の年金機構の窓口で相談したものの、提出する書類の種類が多く、これをまとめる気力が全く持てませんでした。そこでネットで検索して社会保険労務士による代行申請という方法があることを知りました。やりとりは電話、メール、FAXなどでしたので体調が悪くてもあまり負担にはなりませんでした。ただ過去の主治医の診断書を貰う段階になって主治医が応じてくれるか、どう説明したらよいのかがわからず不安でした。土橋さんには大変気むずかしい先生ですのでと事前にお話をしましたが、病院同行してしっかり対応してくださりとても安堵しました。翌月には自宅マンションを売却して住宅ローンの精神的な不安を解消し、4月からは復職7月からは障害年金の受給が決まりました。病気とのつきあいはずっと続きますが、色々な不安が払拭され新たな気持ちで日々を送ることが出来ます。本当にありがとうございました。

詳細を見てみる

穂様 大阪市旭区

疾病名:双極性障害(F-31)
受 給:障害基礎年金2級 事後重症
依 頼 日:平成27年12月 2日 ⇒ 申 請 日:平成29年 5月 8日
支給日決定:平成29年 7月27日 ⇒ 初回振込日:平成29年 9月15日

穂様のご依頼から申請までの経過

私情ですが、体を壊したり色々な事が重なり、働く事もできなくなってしまい、少しの預金を切り崩しながら先の見えない絶望的な日々でした。周りにも頼る人がいなくて心身ともにボロボロになり精神科では「双極性障害」と診断されたのですが、主治医との相性も悪く「こんな生活がいつまで続くのか・・」とどん底の中、たまたま「障害年金」を知り、自分も当てはまるのかと色々調べたり役所に聞いたりしましたが、わからない事が多すぎて、とても一人じゃできない・・。そんな時、たまたま目についた土橋さんのHP。私は大阪だし、着手金0円のところもあったけど、「この方にお願いしたい!」となぜかすごく惹かれ、気付けばさっそく電話にて軽く状況を説明し、依頼させてもらいました。本当に色々ありましたが、結論から書くと土橋さんのおかげで、私の人生大きく変わりました。「生きていて良かった」とまで思わせてくれました。最初からみてもらってた主治医は相性も悪かったせいか診断書すら適当に書かれたりで、診察は2,3分。初めての同行の時に土橋さんもびっくりされていて「年金受給以前の問題で、このままじゃ〇〇ちゃんの病気が良くなるどころか悪くなるよ!」と私の体の事まで、とても心配してくださり、当時通っていた病院の先生との相性や、私がずっと不安に思っていた事まで親身になって話を聞いてもらって一緒になって考えてくださったり、など今までずっと一人で抱えていた悩みや不安な事など土橋さんには本音で話せました。(お忙しいのに長時間も話してしまって本当に申し訳なかったです)当時通っていた病院は「近いし楽だから」この理由だけでなんとなく行っていたのですが、土橋さんの色々なアドバイスや言葉が全てひっくるめて色々悩んだ結果、少し遠いですが転院することを決めました。「もし新しい先生と相性があわなかったらまた1から探そう」この土橋さんの言葉が私の背中を押してくれたと思います。土橋さんの絶対諦めない心、びっくりするくらいの行動力、私の性格を知ったうえでの助言やアドバイスなど本当に書ききれないぐらい感謝でいっぱいです。紹介してくださった新しい先生(今の主治医)とも、相性ばっちりで何でもっと早く転院しなかったんだろうと・・と思うぐらい良い先生とも出会えました。今回無事に年金を受給できた事、それに土橋さんと出会えた事「今の病気とちゃんと向き合おう」と思えた事「生きてて良かった」と心から思える今、土橋さんには本当に本当に感謝でいっぱいです。こんなにも人に対して熱く絶対諦めない心を持って接してくれる方なんです。もし現在同じような悩みでしんどい思いをされている方がいれば迷わず土橋さんに相談だけでも問い合わせてみて欲しいです。絶対に損はしないと思います。本当に!実際に私は土橋さんと出会えた事で、人生大きく良い方向に変われたんです!伝えたい事や感謝の気持ちでいっぱいで文章下手になってしまってすみません。同じように悩んでいる方に一人でも多く伝わったらいいなと心から願っています。PS.土橋さん。今回本当にありがとうございました。今後もこんな私ですがよろしくお願いします。

詳細を見てみる

ひとみ様 大阪市鶴見区

疾病名:うつ病(F-32)
受 給:障害基礎年金2級 事後重症
依 頼 日:平成29年 2月14日 ⇒ 申 請 日:平成29年 3月31日
支給日決定:平成29年 7月13日 ⇒ 初回振込日:平成29年 8月15日

ひとみ様のご依頼から申請までの経過

精神障害手帳3級でしたが、Drも2級はと言っていたので、初めて障害手帳申告をすると3級で私にも納得がしなく不安があり、Drに相談したら土橋さんを紹介してくれました。最初はどう伝えたら良いのか分からなかったのですが全部まかせ大阪まで病院同行もしてくださり最後の受取までやってくださり安心しました。お手伝いしてくださり無事に年金2級取得でき感謝しております。

詳細を見てみる

佳世様 神奈川県相模原市

疾病名:うつ病(F-33)
受 給:障害厚生年金2級 事後重症
依 頼 日:平成28年 3月10日 ⇒ 申 請 日:平成29年 8月26日
支給日決定:平成28年11月 2日 ⇒ 初回振込日:平成28年12月15日

佳世様のご依頼から申請までの経過

通院中の病院が一貫して「診断書」を書かないという病院に当たってしまい苦慮していた所、インターネットで土橋様を知り、相談した所、然るべき人に相談して転院できれば受給できる可能性があることをご教授いただきました。私は、土橋様に相談して転院して無事に障害年金給を受理することができました。土橋様まことにありがとうございます。

詳細を見てみる

聡様 東京都目黒区

疾病名:うつ病(F-32)
受 給:障害厚生年金2級 事後重症
依 頼 日:平成28年 9月 5日 ⇒ 申 請 日:平成28年12月28日
支給日決定:平成29年 6月 8日 ⇒ 初回振込日:平成29年 7月14日

聡様のご依頼から申請までの経過

正当な等級に認定されるか不安でしたが、お陰様で受給できました。体調が著しく悪く自分で申請できる状態ではなかったため、すべてお任せでき心強かった。医師への同行では思わぬ古い情報が病院側に残っており、初診日が当該病院ではなく、約30年前の上京する前の地元の病院でした。所在地、医院名から検索して下さった病院がたまたま初診を受診した病院で、奇跡的にカルテが残っておりました。これで受診歴がつながりました。同行&アドバイスが的確で心強く本当に勇気づけられました。感謝でいっぱいです。記載事項で一部訂正があった際も、担当医師にも喜ばれ(わかりやすく訂正してあったため)スムーズに申請から受給まで出来ました。心よりお礼申し上げます。

詳細を見てみる

宗様 東京都中野区

疾病名:うつ病(F-32)
受 給:障害基礎年金2級 事後重症
依 頼 日:平成28年10月 3日 ⇒ 申 請 日:平成29年 3月17日
支給日決定:平成29年 6月 1日 ⇒ 初回振込日:平成29年 7月14日

宗様のご依頼から申請までの経過

今まで通っていた総合病院の先生が、障害年金受給に大変否定的なお考えの先生だった事もあり、まず親身になって下さる先生のおられる病院を紹介していただくところからスタートしました。土橋先生は「現状可能そうか」ではなく「私が今どの様な状態で今後どうしたいか」に寄り添って下さり、誠意を尽くしてくださいました。病状が悪かったので私一人ではとても出来ない手続きを全て代行して下さり心より感謝しております。本当にありがとうございました。

詳細を見てみる

西村様 東京都大田区

疾病名:統合失調調(F-20)
受 給:障害基礎年金2級 事後重症
依 頼 日:平成28年12月13日 ⇒ 申 請 日:平成29年 1月30日
支給日決定:平成29年 5月25日 ⇒ 初回振込日:平成29年 7月14日

西村様のご依頼から申請までの経過

妻が統合失調症です。かつて障害年金請求を検討したことがありましたが、諦めたという経緯がありました。まず公的文書に記された内容がよくわからない。必要書類がたくさんある。医師からの承認が必要。加えてひとたび不認可だと再審で勝ち取るのは困難。到底独力では不可能と思ったからです。月日は流れ、ネットで土橋先生を見つけました。精神病専門と謳っている土橋先生に依頼するのは即断でした。正直依頼するこちら側としても、本案件はお金にはあまりならないのだろうという土橋先生への申し訳なさがありました。それでも私どもには必要な年金。ところが依頼に対してスピーディーに対応していただきました。最もセンシティブな工程と考えられる「担当医との交渉」にも藤沢から1時間かけてわざわざ来ていただきました。土橋先生が加筆修正してくれた書類に普段はどちらかというと飄々としている担当医が目を通すと「ここまで念入りな書類は初めてです」と目を丸くしていらしたのが印象的でした。待ち時間に病院内で私達夫婦と土橋先生が立ち話をしました。土橋先生の温かい言葉に妻が感涙しておりました。手続き的なことのみならず精神病の辛さをよくわかっているからこそ、妻の心に沁みる言葉が出てくるのだなあと思いました。振り返りますと総じてありがたかったのは、私たちがちっとも理解していなくても土橋先生のご指示通りに機械的に動くだけで、事がスムーズに運んでいったことでした。先生の大胆かつ繊細な仕事のお陰で、一度は諦めた2級をいただく事ができました。本当にありがとうございました。

詳細を見てみる

和様 新潟県南魚沼市

疾病名:うつ病(F-32)
受 給:障害厚生年金3級5年分遡及351万円!
依 頼 日:平成28年 2年16日 ⇒ 申 請 日:平成28年 7月28日
支給日決定:平成29年 4月20日 ⇒ 初回振込日:平成29年 6月15日

和様のご依頼から申請までの経過

・通院歴10年
・障害年金を知ったきっかけ
 3年前仕事中に大腿骨を骨折、膝に障害が残り障害年金の申請をしようと年金事務所に行きました。申請用紙を貰おうとしたところ、「身体ですが?精神ですか?」と聞かれ、その時に精神でも障害年金の申請ができることを知りました。仕事も休みがちで休職もしたりしていましたが、10年間という長い間全く障害年金という制度を知らずに生きてきました。
・障害年金を申請するきっかけ
 膝に障害が残り仕事復帰は不可能で退職することに。膝の障害年金も不支給。また結婚当初から夫・義父母とは円満ではなかったので、いろいろなことが重なり、毎日何のためにいきているんだろう・・・生きてる意味なんてないとばかり考え何もできず寝込んでいました。娘に笑顔を見せることもできなくなっていました。娘に申し訳ない、母親失格という気持ちで一杯でした。でもどこかで心の片隅に娘が成人するまでは生きたい、どうにか生きなければ、母親としての責任を果たさなければ・・という気持ちが強くありました。娘の為に・・その気持ちが精神で障害年金申請へと繋がりました。
・土橋さんに依頼した理由
私は膝の障害年金を自分で申請しました。揃える書類も沢山ありとても大変でした。そんな大変なことをまた自分でするのは精神的にも体力的にも無理だと思い社労士にお願いすることにしました。その時は社労士ならきっと誰でも大丈夫、やり取りするにも近くの社労士がいいのではないかと思い、家から一番近い社労士に依頼しました。着手金無料、成功報酬制でした。電話と郵送だけのやり取りだけ。私は社労士の指示に従い、医師に社労士が書いた手紙を渡しました。医師は「今、流行の社労士を使って書かせる類ね、俺は絶対書かない」と激怒し理由も言わず診断書を書いて貰うことが出来ませんでした。その結果を電話で社労士に伝えると「申し訳ありませんでした」の一言。社労士ならきっと大丈夫と信じていたので、診断書を書いて貰えなかったショックはとても大きかったです。この先また真っ暗という状態でした。その時一緒に病院まで来てくれて、医師に直接説明してくれる社労士だったら違う結果になったかもしれないと思いました。
それからは、着手金を払ってでも、もう失敗されたくないと思いネットで探し始めました。2日目は県内で一番大きく宣伝されていた事務所に依頼の電話をしました。これだけ宣伝されていれば大丈夫と言う気持ちが正直ありました。でも回答は「うちは医師の同行はしていません。ちょっと難しいです」でした。私の場合10年間同じ病院に通院していましたが、通院中に医師が3回変わったり、通院中に閉院、その為別の病院へ転院になったりと複雑なケースだったので、今思うとそれも断られた理由の1つだったような気がします。県内の社労士って・・と不信感を抱くようになり、3回目の社労士は流石に慎重に探すことにしました。のちに私が求めている社労士の条件が全国対応で医師の同行をしてくれ、知識を持って真剣に取り組んでいるとういことになりました。そんな人いるはずないと思いながらネットで探し始めました。私はとにかく疲れやすいので文字を読むにも一苦労、内容を理解するにも直ぐには困難なのでタブレットを見るのは1日1時間が限界でした。そんな中何日か経ち辿り着いたのが土橋さんのHPでした。土橋さんのHPはイラストを使って解説。理解に苦戦してしまう私にはとてもわかりやすく印象的でした。HPにまで配慮されていてとても感心しました。そして日々更新されるブログ。私は時間をかけて過去の分まで全て読みました。土橋さんの人柄や真剣に仕事に取り組んでいることを知ることができました。また時にはプライベートなこともUPされていたので親しみを感じたり、元気や勇気をもらうことができました。結果ブログで土橋さんの事を詳しく知り、全国対応、医師の同行をしてくれ、障害年金の精神専門で知識も豊富。正に私が探し求めていた条件の社労士だったので依頼することにしました。そして依頼の電話をしました。
・電話の印象
①とにかく無愛想
②なんか怖そうな人
③本当にこの人で大丈夫?
そんな印象でした。そんな印象の中私の複雑な難しいケースでも「医師の同行できます」「出来る限りのことはやります!」と言ってくださいました。正直私の場合、また断られるんだろうなと思いもあったのでとてもうれしかったです。そしてやっと娘に笑顔を見せることが出来ると安堵したことを未だに忘れられません。
・契約・病院同行・受給までと感想
契約から病院同行までは私が新潟在住だった為、面談できず電話ずメールのやりとりだけでした。そんな最中土橋さんから靭帯を切ってしまい同行がいつになるかわからないという連絡を頂きました。そして「僕ではなく別の者紹介しましょうか」とまで言われてしまいました。私は苦労して探した社労士さんだんだから簡単にそんな事を言わないでと思いましたが、私の申請が遅れる事を気遣っての言葉だったようです。私は他の社労士さんに依頼する気持ちなど全くなく土橋さんの復活を待つことにしました。契約から半年近く待ちようやく同行が実現しました。同行まで会ったことがなかったので来てくれなかったらどうしようと不安もありました。同行当日、私は4時に診療予約をしていましたが、3時半頃土橋さんが到着していないにも関わらず診察室に呼ばれてしまいました。土橋さんが来ていないのにどうしよう・・とおどおど診察室に入ると土橋さんから電話「今着きました」ゆっくり挨拶をする暇もなくいきなり診察室で土橋さんと医師で話が始まり診断書を書いて頂くことになりました。初めて会うのが病院の診察室というのが驚きでした。その後改めて挨拶をし少しの時間だけお話しさせて頂きましたが電話の印象とは全く違ったしっかりとした優しい社労士さんでした。医師への対応も丁寧で素晴らしかったです。やは障害年金精神専門のプロでした。また私の場合、本当に難しいケースだったので医師同行が3回にも渡りました。その際嫌な顔一つせず同行してくれました。心強かったです。受給の結果がでるまで10か月。その間はとても長く感じました。本当に長かったです。病からくる不安の為か余計待っているのが長く感じたのかもしれません。年金証書が届いた時は救われた気持ちで一杯でした。これからまた人生再スタートできると思うと感無量でした。無事受給することができたのはやはり土橋さんのお陰です。探し求めていた社労士土橋さんが存在してくれていたからです。存在していなかったらと考えるととても恐ろしいです。また土橋さんは私の膝のことをまで心配して下さり「病院変えてみたらどうですか」「専門の先生に診てもらったらどうですか」とアドバイスを何度もしてくださいました。それを機に私は東京の名医を受診することができました。土橋さんの膝に関してもアドバイスがなかったら地元の病院にしか通院せずいつか寝たきりになっていたと思います。東京の名医に受診するなんて考えたこともありませんでした。今では膝の痛みから解放されいろんな面で人生が少しずつ良い方向へと変わってきています。着手金、成功報酬は正直言って高いです。ですが私はそこにも魅力を感じていましたし、きちんとした知識や経験があるから高い、信用できる金額だと思います。私は今回経験して実感したことは、着手金無料のところはそれなりのことしかしない、それなりのことしかできないということでした。土橋さんに依頼して少し残念だったのが遠方で面談ができなかったことです。面談さえでいていれば電話のマイナス印象はなかったと思います。遠方の方テレビ電話で面談なんていいかもしれません(笑)電話は無愛想、靭帯損傷で同行が遅延、初めて会うのが診察室と不思議な流れでしたが、私は土橋さんに人生を変えるチャンスを頂くことができました。夢と希望が持てるようになりました。本当に感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございました。
・これから土橋さんへいらしようとしている方へ
もしかしたら電話対応で無愛想と感じるかもしれません。でも安心してください。大丈夫ですよ。土橋さんは無愛想ですが実際に会うと優しい方です。仕事もきちんとやってくれます。知識も経験も豊富です。後は人間同士なので自分に合うか合わないか相性だと思います。私は今思うと1回目の社労士とは相性があっていませんでした。きっとそれも失敗した原因だと思っています。精神科の医師もそうです。相性が合わなければ診断書を書いて貰えない様な気がします。私は理由も言わず「俺は絶対書かない」と言った医師にも初診時から相性は最悪でした。違和感を感じていました。なので医師選びにも慎重に行った方がいいかと思います。最後に精神科に通院されて生活に困っている方、障害年金で迷われている方、1人で悩まず、まず勇気を持って誰かに相談してください。きっといつかどこかで人生が変われるはずです。全国の皆さんが幸せになれるよう祈っています。土橋さんありがうございました。

詳細を見てみる

真由様 長野県長野市

疾病名:統合失調調(F-25)
受 給:障害基礎年金1級 2年10ヶ月分遡及283万円受給!
依 頼 日:平成27年11月 4日 ⇒ 申 請 日:平成28年 1月19日
支給日決定:平成28年 3月17日 ⇒ 初回振込日:平成28年 4月15日

真由様のご依頼から申請までの経過

申請に必要な書類の種類が多いうえも難しいものばかりだったのでおねがいしました。主治医の先生ともきちんと打ち合わせをした上で、病状等をまとめでくださり無事に1級を取得することができました。ありがとうございました。

詳細を見てみる

幸代様 埼玉県さいたま市

疾病名:双極性障害(F-31)
受 給:障害厚生年金2級 事後重症
依 頼 日:平成28年 5月23日 ⇒ 申 請 日:平成28年10月26日
支給日決定:平成29年 1月19日 ⇒ 初回振込日:平成29年 3月15日

幸代様のご依頼から申請までの経過

小さい頃からのイジメや社会人になってからのパワハラ等が原因で躁鬱病になり、それでも生活のため働かざるを得なかったのですが、長続きせず離職、就職を繰り返していました。結婚を機に引っ越したのですが、新しい環境になかなか馴染めず、また子供の成長とともに人との関わり合いが段々と難しくなり、益々躁鬱病が重くなっていきました。ほぼ毎日が寝たきり状態になっていたとき、何か国からの支援がないか調べていたら土橋先生のサイトに辿りつきました。主人に相談したところ、駄目で元々やるだけやってみようと半信半疑ながら土橋先生へ連絡しました。初めて連絡を取った時、淡々と説明されるのでお役所的印象を受けましたが、病院への同行時にお会いしたときはとても穏やかにお話をされるし、書類の準備が具体的に進むにつれて土橋先生にお願いしてよかったと思えるようになりました。 様々な必要書類を揃えたり、病院への訪問日程調整等は主人に手伝ってもらいましたが、主人の協力がなければとても私一人ではできませんでした。勿論、土橋先生の豊富な経験、知識がなければ申請できなかったのは言うまでもありません。土橋先生にお願いしてから6か月かかりましたが申請することができ、更に3か月後に年金事務所から通知が届きました。結果は事後請求の2級のみ認められましたが、遡求分は却下されてしましました。理由は「当時の障害状態を認定することができない」ということでした。当初から遡求分については、認定日が1年半を経過していたので諦めていたのですが、土橋先生には過去にも同様の事例で遡求請求ができた実績があるのでと薦められ申請に臨んだのですが、残念な結果となりました。 結果を覆すのは相当難しいようですが、少しでも可能性があるのであれば最後まで諦めず不服申し立ての手続きをしようと土橋先生に再度お願いすることにしました。今回、2級の認定を受けられたことは、今後の安定した生活や病気療養に専念できるので、家族のためにも一日も早く立ち直り、笑いあえる日が来れるようにと思っています。土橋先生、本当にありがとうございました。引き続きご面倒お掛けしますが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。最後に障害年金のことをもっと早く知っていれば、今とは状況が変わっていたかもしれません。当初(13年以上前)から通院(転院を含む)していた病院からは、障害年金の案内は一切ありませんでした。たまたま知って申請できたのは運がよかったと思っています。同じ病気で悩んでいる方、迷わず土橋先生に連絡し手続きされることをお勧めします。

詳細を見てみる
1 / 1412345...10...最後 »

pege top