吾様(広島県廿日市市)から喜びの声を頂きました。|障害年金オフィスたくみ

障害年金受給サポート
お問い合わせ
ホーム 初めての方へ 受給までの流れ 料金表 お客様の声 Q&A 事務所概要 お問合せ
無料カウンセリング
お客様の声
料金表はこちら
ブログ
ママ友でうつ病
パワハラでうつ病
外来のみで1級獲得
公務員で獲得した事例

お客様の声一覧

吾様 広島県廿日市市

疾病名:うつ病(F-32)
受 給:障害厚生年金3級 事後重症、社会的治癒空白4年5か月
依 頼 日:平成31年 4月  日 ⇒ 申 請 日:令和 元年12月13日
支給日決定:令和 2年 2月 6日 ⇒ 初回振込日:令和 2年 3月15日

吾様のご依頼から申請までの経過

私はうつ病で精神障害保健福祉手帳2級を持ちながら障害者雇用としてフルタイムで就労していました。今でもしています。病気のことで過去に何度も失敗して解雇になるような不安定な生活でした。そのような状況の中、全てを伝えた上で私をサポートしてくれる伴侶と出会い結婚し家族を守るためにとの思いもありインターネットで障害年金のことを調べるうちに障害年金オフィスたくみ様と出会うことができました。他も含め計4事務所にメールを送ったのですが返信があり対応してくださったのは土橋先生だけでした。おそらく私の場合では年金受給は無理に近いと他では判断されたのでしょう。実際に遠方から主治医の話に同行に来てくださいました。旅費も他地方とまとめての同行で負担を少なくして下さいました。私の場合、初診日で難しいところがありそこの部分で主治医の理解が難しかったのか、診断書依頼から半年程度書いて頂くことができない状態でした。その分からない期間も土橋先生はサポートを続けてくださいました。転機は主治医が高齢を理由に担当の医師変更でした。2度目の同行をして下さった結果1週間ほどで診断書を書いてもらえ、かつ複雑な初診日の件も土橋先生の説明によりあやふやな部分を適した内容に修正もして頂けました。おかげさまで障害厚生年金3級の受給に至りました。今後の更新も土橋先生にお願いする予定です。この年金を頂くことで通常の治療費や仕事を休養することも考えることができ、ひとまず安心できました。私はおそらく一生この病気と付き合うことになると思います。今後も仕事をして社会に少しでも貢献したいと思っています。そのような中で土橋先生のサポートはとても心強いものとなりました。今回だけではなく今後ともよろしくお願い致します。本当にありがとうございます。

詳細を見てみる

伸様 広島県

疾病名:うつ病(F-32)
受 給:障害基礎年金2級 事後重症
依 頼 日:平成28年 2月 5日 ⇒ 申 請 日:平成28年 6月30日
支給日決定:平成28年 9月 1日 ⇒ 初回振込日:平成28年10月15日

伸様のご依頼から申請までの経過

長い間、うつを患っていました。障害年金の存在は知っていましたが、申請方法を調べてみると制度が複雑で細かく記入しなければならない書類や集めて提出する書類が多く、自分の病状では出来ないと思い、長い間申請をためらっていました。インターネット上には障害年金の申請サポートをしてくれる社労士のサイトがたくさんあり、それを利用しようかとも思いましたが医療関係者でない人に自分の病歴等を細かく伝えないといけない事に抵抗がありしばらく迷っていました。そんな中たまたま見やすいサイトだったので気に入って読んだのが土橋さんのサイトでした。土橋さんのサイトは顔写真やプロフィールも載せてあり、blogやtwitterもされていて、それを読んでみるとどんな人なのかが何となく分かるので安心感があり、さらに障害年金の中でも精神疾患専門でされているという事で、うつ病等にとても詳しく理解のある方なので思い切って連絡してみました。土橋さんは気さくな方でわからない事も丁寧に教えて下さり依頼する事にしました。申請の準備を進めていましたが、通院している病院の主治医が障害年金の申請に否定的な考えの医師でした。そんな時、土橋さんが障害年金の理解があり私に合った人柄の医師を紹介してくれました。そして診断書を記入する上での重要な点を分かりやすく主治医に説明してくださいました。おかげで無事申請でき、そして無事受給する事ができました。もし自分で申請しようとしたら途中で挫折していたかもしれません。土橋さんに依頼して本当に良かったです。ありがとうございました。

詳細を見てみる

弘子様 広島県

疾病名:うつ病(F-32)
受 給:障害基礎年金2級 5年遡及418万円!1年半時点受診なしのケース
依 頼 日:平成26年 9月16日 ⇒ 申 請 日:平成27年 1月 9日
支給決定日:平成27年 3月19日 ⇒ 初回振込日:平成27年 5月15日

弘子様のご依頼から申請までの経過

うつ病が重く、夫と実家の母が家事援助をしています。土橋さんのホームページを知り相談すると障害年金受給の可能性があると伺い申請をお願いしました。初診のカルテはありましたが、1年半の頃は不妊治療に専念するため受診を中断していました。病状が悪化、不妊治療をあきらめて通院を再開しました。診断書の依頼には土橋さんが同行してくださいましたので心強く大変ありがたかったです。年金は今後の分だけと思っていましたが、過去5年分も遡って裁定されましたのは、土橋さんの並々ならぬご尽力のおかげです。厚く御礼申し上げます。

詳細を見てみる

pege top