辰様(堺市北区)から喜びの声を頂きました。|障害年金オフィスたくみ

障害年金受給サポート
お問い合わせ
ホーム 初めての方へ 受給までの流れ 料金表 お客様の声 Q&A 事務所概要 お問合せ
無料カウンセリング
お客様の声
料金表はこちら
ブログ
ママ友でうつ病
パワハラでうつ病
外来のみで1級獲得
公務員で獲得した事例

お客様の声一覧

辰様 堺市北区

疾病名:うつ病(F-32)
受 給:障害厚生年金3級→2級 額改定
依 頼 日:令和 2年 5月12日 ⇒ 申 請 日:令和 2年 7月31日
支給日決定:令和 2年11月 5日 ⇒ 初回振込日:令和 2年11月13日

辰様のご依頼から申請までの経過

この度は細かい点まで行き届いたサポートを頂きまして心より感謝いたします。3級→2級への年金等級UPの申請中、役所から各種書類が届くたびに「申請に落ちたのでは」と不安になり、書類のデータを見て頂いた上で「通常の文書なので大丈夫ですよ」と教えて頂いたり、無事3級→2級の申請が通った書類が届いた時も、私の通院時に土橋様が偶然、他の申請者様との診断書同行の為に来院されていた為、書類の不明点をすぐにお答え頂きとても心強かったです。具体的にはQ:「申請月は7月だったので、次回申請は12月になっているが?」→A:「誕生月に合わせて変更になります」、Q:「社会保障(厚生年金)が減額になり、国保分が障害基礎年金部分に増額されているのはなぜ?」→A:「国保分の基礎控除額の関係です」と即答いただき心強く感じました。コロナで不安な中、認定までに時間が数か月経った時点で、当方から「多少なりともお支払いいたしましょうか」と申し出た時も「結果がきちんと出るまで大丈夫ですよ」とおっしゃり、結果が出るまでの長い間、支払保留でお待たせいたしましたが、良い結果と共に精算させて頂く事が出来て心から感謝致します。次回の更新の折にもぜひお世話になりたいと思います。ありがとうございました。

詳細を見てみる

村様 大阪府茨木市

疾病名:うつ病(F-32)
受 給:障害厚生年金2級 7ケ月分遡及
依 頼 日:令和 2年 4月20日 ⇒ 申 請 日:令和 2年 6月30日
支給日決定:令和 2年 9月17日 ⇒ 初回振込日:令和 2年11月15日

村様のご依頼から申請までの経過

障害年金を無事に受給することができました。ありがとうございます。通院してもなかなかよくなる気配がなく傷病手当金の支援も終了し医師に相談したら、こちらのパンフレットを頂きメールで問い合わせしてみました。この時期はかなり体調が悪く電話を頂いても出ることができず、ほぼメールのやり取りだけでしたが、それでもきちんと対応していただけたのは、とてもありがたかったです。役所への申請はプロの任せるのが一番だと思いますし、土橋さんは経験豊富で一任してよかったと思います。本当にありがとうございました。

詳細を見てみる

下様 大阪市東住吉区

疾病名:うつ病・発達障害(F-32、84)
受 給:障害共済年金3級 5年分遡及365万円!(事後は2級決定)
依 頼 日:令和 1年12月10日 ⇒ 申 請 日:令和 2年 3月17日
支給日決定:令和 2年11月 1日 ⇒ 初回振込日:令和 2年11月13日

下様のご依頼から申請までの経過

うつ病と発達障害があるものの無理をしながら通院を続けながら働いていました。うつ病が得にひどくなり働けない状態になったとき、主治医の先生が障害年金オフィスたくみを紹介してくれました。自分の場合、うつ病が一度良くなって受診を中断、治癒していた期間があったので初診日の設定が少し複雑でした。引越し等もしていてクリニックを何か所も変わっていました。どうしたらいいか分からず何度も社労士さんに長文のメールを、不安にかられて出してしまいましたがその都度、的確に迅速に返信してもらえてすごく助かりました。複雑な手続きや申請を全てして頂いて、結果も働いていたから受給は難しいと思われていた遡り分も受給でき2級でした。やはり依頼して本当に良かったなと思いました。自分で申請しようと思ったら絶対にこの結果にはなっていなかったはずです。心から感謝しています。

詳細を見てみる

ユ様 大阪市東淀川区

疾病名:発達障害(F-84)
受 給:障害厚生年金2級 4ケ月分遡及
依 頼 日:令和 2年 6月12日 ⇒ 申 請 日:令和 2年 8月 7日
支給日決定:令和 2年10月 1日 ⇒ 初回振込日:令和 2年11月15日

ユ様のご依頼から申請までの経過

年金を申請するに当たり、自身で申請するか、社労士さんに任せるか悩みました。自身で申請した場合、正当な等級に認定されるかの不安があり、社労士さんに任せた場合、安くはない費用がかかってしまう。私は今後貰える年金への投資と考え、土橋先生にお願いすることにしました。土橋先生にお任せした理由は、私の主治医の先生に信頼されている方であったのと、私の知りあいに土橋先生に頼んで2級認定してもらえた方がいたからです。依頼してからは、数回のやり取りと身分証明などの必要書類の郵送、後は診断書を書いてもらうために一度クリニックを受診するだけで、他の手続きは全てやってもらえました。年金が確定するまで本当に貰えるのか不安になることもあり、何度かお電話させていただいたのですが、お忙しい中お時間を作ってくださり、私が理解するまで丁寧に説明してくださりました。無事私も2級認定してもらえ、土橋先生にお願いして正解でした。

詳細を見てみる

菊様 大阪市淀川区

疾病名:発達障害(F-84)
受 給:障害基礎年金2級 事後重症
依 頼 日:令和 2年 5月15日 ⇒ 申 請 日:令和 2年 6月30日
支給日決定:令和 2年10月 1日 ⇒ 初回振込日:令和 2年11月13日

菊様のご依頼から申請までの経過

①精神科のクリニックで知り合った人の中に社労士に依頼をすることで受給に到った人が居た。②申請書類として幼少期から大人までの障害の内容を自分で文章に書いて提出する必要があるが、自分の書いた内容が受給するための要件を満たしていないために受給が通らなくなることが怖かった。もし通らなかったら金と時間のムダだし、申請のための様々な労苦が全てムダになるのが嫌だった。以上が社労士に依頼することを決めた理由です。特に自分の現在過去について社労士事務所の女性に質問に答えるだけできちんとまとめて頂けたのが大変助かった。私の場合は発達障害の症状に加えて将来への不安からくる焦燥感やイライラ、人間関係の過去の悩み、不眠、現実逃避のゲーム依存症、昼夜逆転生活がひどいなど、生活が本当にめちゃくちゃになっていたので、自分ではまとめきれなかっただろう。そんな感じなので1時間20分くらい自分が困っている内容や自分の障害の内容を事務の女性に話してしまったが、話した内容をたった1枚の紙に社労士の方でまとめてくれたのはすごいと思います。私の発達障害の症状は分析は得意だが、要約ができないものなので、たぶん自分一人で申請はできなかったでしょうね。文章の作成能力がない人、作成する能力があっても時間がかかり過ぎる人、作成する気力がない人は社労士に委託して申請書類を代筆してもらったほうが良いと思います。成功報酬等で16万円程度かかるので、16万円を節約するためなら自分で頑張れたかもしれませんが、自分で必死に頑張って年金が受給できないリスクを考えたら、依頼して良かったと思います。ちなみに医者の診断書に自立での生活能力が全くないと書かれたことは(事実だが)自尊心が傷ついたので、掃除、洗濯、料理の特訓を始めました。ロボット掃除は便利ですね。

詳細を見てみる

村様 大阪府東大阪市

疾病名:発達障害(F-84)
受 給:障害厚生年金2級 6ケ月分遡及
依 頼 日:令和 2年 7月28日 ⇒ 申 請 日:令和 2年 8月21日
支給日決定:令和 2年10月 8日 ⇒ 初回振込日:令和 2年11月15日

村様のご依頼から申請までの経過

大学を卒業し就職活動でまずつまづきました。それまでも人とのコミュニケーションがうまくとれずトラブルになる事もあり卒業後つとめた工場でも試用期間終了後本採用になる事はありませんでした。その後もアルバイトを転々とする日々で精神的にきつく病院に通うようになって初めて年金の事を知りました。ネットで調べると申請書類が多く、自分で対応する自信もなかったのでオフィスたくみさんに思い切って頼みました。迅速対応で無事年金を受給できる事にほんとうに助かりました。

詳細を見てみる

畑様 大阪市福島区

疾病名:うつ病(F-32)
受 給:障害厚生年金2級 事後重症
依 頼 日:令和 2年 3月22日 ⇒ 申 請 日:令和 2年 6月19日
支給日決定:令和 2年10月12日 ⇒ 初回振込日:令和 2年10月15日

畑様のご依頼から申請までの経過

初診の履歴がわからずに困っていたところ土橋先生に助けていただき感謝しております。また××クリニック××先生との連携もよかったです。あとはTELで話したように請求締め日の件、交通費のミスの件、今後に生かしてください。

詳細を見てみる

松貴様 大阪府茨木市

疾病名:発達障害(F-84)
受 給:障害厚生年金3級 1年10ケ月分遡及107万円
依 頼 日:令和 1年11月20日 ⇒ 申 請 日:令和 2年 2月14日
支給日決定:令和 2年 9月10日 ⇒ 初回振込日:令和 2年10月15日

松貴様のご依頼から申請までの経過

今回、私が通っている病院の主治医から、たくみさんの事務所を勧めて頂き、障害年金の依頼をしました。コロナ禍の下という事もあって、結果通知が例年より遅く、そして3級という判定の通知が届きました。2級で申請していたので残念な気持ちになりました。しかし自分で役所に申請していたら、受給すらしていなかったと思います。なのでたくみさんには書類作成から何までやって頂き感謝しています。又、不服申立の依頼も引き受けてくれるという事なので是非お願いします。

詳細を見てみる

有紀様 大阪市北区

疾病名:発達障害(F-84)
受 給:障害厚生年金3級 1年6ケ月分遡及87万円!
依 頼 日:令和 2年 3月19日 ⇒ 申 請 日:令和 2年 6月12日
支給日決定:令和 2年 9月 3日 ⇒ 初回振込日:令和 2年10月15日

有紀様のご依頼から申請までの経過

障害年金を受給できるようにしてくださりとても感謝しています。今までどのような仕事も上手くできず自分の働き方について困っていました。給料が低くても自分の好きな仕事をしていくのか、それとも安定した職場を選ぶのか。でもどちらにしろ仕事でミスをする。限界を感じ、現在も通う精神科を受診するようになり、ADHDと診断されました。通院しながら主治医の先生に言われたのは「障害者枠で働きながら、障害年金の受けてみてはどうか」と言うことでした。頻繁に主治医の先生から土橋先生の年金事務所のパンフレットを貰っていて家には結構たまっていました。こういうのを受け取る人がいるんだなととても遠い存在でした。初めての自分の診断書や障害者手帳、障害者雇用の事で頭がいっぱいになり、障害年金のことは具体的に考える余裕がありませんでした。障害者枠で働くことに決めましたが、他の人のように年齢とともに給与が上がっていくわけではない現実を改め知りました。金銭的に余裕があった方が良いんじゃないかと思うようになりました。一方できちんと就職もできているのに申請する私はあざといんじゃないかとも思うようになりました。障害年金とは何なのか、私は何を申請しようとしているのかを知るため近所にある年金機構に書類をもらいに行ってみたりしました。もらった書類の厚みを見て1人でやるのは到底無理なんだなということを実感しました。他の年金事務所を見てみましたが主治医から「社労士の資格があっても実務がないことが多いから」(だったか)とういことだったので、土橋先生の事務所に頼んでみることにしました。あ、自分で電話するのかと思い障害年金とはそもそも年金とはよくわからない状態で、ドキドキしながら夕方の遅い時間に電話しました。(やっぱり夕方はダメだったなと思いました)そこからは小まめに連絡を取ってくださり、本当に私は何もしないまま自分の症状を伝えていくことにはしましたが、書類を作ってくださいました。数か月後、年金決定通知書が届いたときには驚きました。とても嬉しい気持ちになりました。口座に振り込まれた時は、本当に嬉しく感謝しました。時間はお金だと言いますが、このように受給の獲得でき私のものにお金が来たのは土橋先生はじめ、事務所の方、主治医の先生が時間をかけて、労力、人力を尽くしてくださったのだなあと感じるしかありませんでした。気持ちが大きくなりすぎないよう、ありがたく貴重に使っていきたいと思います。

詳細を見てみる

川昌様 大阪府八尾市

疾病名:うつ病・発達障害(F-32、84)
受 給:障害厚生年金2級 7ケ月分遡及
依 頼 日:令和 2年 3月13日 ⇒ 申 請 日:令和 2年 6月19日
支給日決定:令和 2年 8月27日 ⇒ 初回振込日:令和 2年10月15日

川昌様のご依頼から申請までの経過

一昨年の8月頃から抑うつの症状が出て医者に診てもらい薬を処方してもらって飲んでいました。発達障害のテストに興味を持ち行ってみた所、広汎性発達障害による抑うつと判明した後も仕事をしていた所、昨年1月に抑うつ状態が進み気分が不良になり先生の指示の元休職し、後に期間終了で退職になり傷病手当を頂きながら療養していた所、障害年金の手続きとなりその当時の私の精神状態では、手続きは難しかったので土橋先生に依頼しました。医者の先生とも話が通じていたので特に私が書類について困った事はなかったです。今年の8月末日に2級の認定通知が来て、生活の支えにこれからなるのだなと思いました。その後精神障害手帳3級を2級にする変更手続きをしてきました。そして10月15日にお金が入金された時は大いに喜んで早速成功報酬を振り込み「ああ、あとは障害者雇用で就職だな」と目標をすえました。今現在失業者給付の収入を受けていて職業訓練で訓練後の雇用を目指しますが、がんばりたいと思います。土橋先生スタッフの皆様、医者の先生本当にありがとうございました。

詳細を見てみる

pege top